ファミ熱!!プロジェクト

MENU

ファミ熱!! ゲームの匠

ドット絵の匠・インタビューシリーズ

ゲームの映像は無数のドット(点)の集まりで構成されている。木も、水も、土も、火も。人間も、怪物も、野山も、都市も。それらを描くのはドット絵師、あるいはグラフィックデザイナーと呼ばれる人たちだ。彼らの打つドットのひとつひとつが、ゲームファンに数々のよろこびと感動をあたえてくれた。[ドット絵師の匠]シリーズでは、そんなゲームの歴史に名を残す匠たちの作画テクニックや、ゲームにかける熱い想いなどを伺っていく──。

ドット絵の新作を作り続ける ユウラボ編

ユウラボさん
[匠の四]ユウラボ

【プロフィール】
1974年、滋賀県生まれ。8bitライクなスマホアプリや、初期ファミコンを思わせるRPG『フェアルーン』シリーズで注目を集める。ゲーム作りを独学で覚え、ドット絵によるグラフィックはもちろん、シナリオやゲームサウンドまで自ら手がける。最新作はNintendo Switch用『神巫女 -カミコ-』がダウンロード販売中。

ファミコンで最も精緻なドット絵 ☆よしみる 編

☆よしみるさん写真
[匠の参]☆よしみる

【プロフィール】
1962年、神奈川県生まれ。マンガ家、イラストレーター。1991年発売の『メタルスレイダーグローリー』では、企画、シナリオ、グラフィックおよびディレクションを務めた。そのファミコンの描画性能から大きく逸脱した美麗なグラフィックで、ゲームユーザーのみならず、ゲーム開発者たちからも注目を集めた。マンガ作品に『亜空転騒フィクサリア』『最終機攻兵メタルスレイダーグローリー エイミアの面影』、乙佳佐明名義では『ねこもころ』などがある。

『FF』のドット絵師 渋谷員子 編

渋谷さん写真
[匠の弐]渋谷員子

【プロフィール】
1965年生まれ。アニメーション系の専門学校を卒業後、ファミコンソフトの開発に参入したばかりの株式会社スクウェア(現在は株式会社スクウェア・エニックス)に入社。チビキャラと呼ばれる緻密で愛らしいキャラクターを描き、『ファイナルファンタジー』シリーズだけにとどまらず、2D時代のスクウェア作品のグラフィック・イメージを築き上げた。現在はスクウェア・エニックス 第9ビジネス・ディビジョンで、後輩の指導をしつつ、アートディレクターとして活躍中。

小野“Mr.ドットマン”浩 編

小野さん写真
[匠の壱]小野浩 “Mr.ドットマン”

【プロフィール】
1957 年生まれ。デザイン系の専門学校を卒業後、1979 年に株式会社ナムコ(現・株式会社バンダイナムコエンターテインメント)に入社。『ギャラクシアン』『ゼビウス』『マッピー』など、ナムコの名作の数々でドット絵を描くと共に、ゲーム筐体のデザインなども手がけ、2013 年に独立。現在はフリーのグラフィックデザイナーとして、ゲームだけにとどまらない活躍を見せている。通称:Mr.ドットマン。

トップへ戻る