ファミ熱!!プロジェクト

MENU

こちゲー 〜こち亀とゲーム〜

第16回

※文:とみさわ昭仁

コミックス第99巻収録
「C・Gカタ屋!! の巻」後編

■シーン4

 いつもの空き地から忽然と姿を消したカタ屋。これでジ・エンドかと思いきや、空き地には何かが落ちていた。カタ屋が残していった運転免許証である。免許に書かれた住所から、両さんと左近寺はカタ屋のおやじの追跡を開始する。

99巻/P77/1~2コマ目
99巻/P77/1~2コマ目

 画面に映し出されるのは、免許に書かれていた住所を記した地図。なぜ、カタ屋のゲームにそんな機能が盛り込まれているのか意味不明だが、おかまいなしにゲームは進む。

 カタ屋の自宅の位置を特定すると、画面は見下ろし画面の移動モードへ切り替わる。「なんかR・P・Gみたいになってきた」という左近寺。読者のぼくらも同感だ。

 テクテク歩いていくと、目当ての家の前に到着する。ご丁寧にも免許証にあったカタ屋のおやじの名前が、表札として掲げられている。家の前で様子を伺っていると、玄関から何者かの人影が現れる。出てきたのはマーチャルロンという、チャイナ服を着たキャラクター。

99巻/P77/5~6コマ目
99巻/P77/5~6コマ目

 両さんのセリフにある『鉄県2』というのは、言うまでもなく『鉄拳2』のパロディ。マーチャルロンも、『鉄拳』シリーズに出てくるマーシャル・ロウのもじりだろう。

 こんなところに格闘ゲームのキャラが出てくるということは、当然このあとは格闘戦が繰り広げられることになる。いくら両さんや左近寺といえども、遊んだことのないゲームを初見で攻略するのは骨が折れるだろう。それでも、なんとかパンチやキックを放って敵を撃退する。

 しかし、一人倒せばそれで終了……とはならず、次々に新キャラが登場してくる。『スト0.1』の春々(しゅんしゅん)、『餓玉(がぎょく)』のケリー、『バーチャー』のアキュラと、いちいち元ネタを説明するのも無粋なので省略するが、どこかで見たような格闘キャラが次から次へと現れ、両さんたちの前に立ちはだかる。

 やっとのことで全員を倒したと安心したのも束の間、こんどはアニメで見たことあるようなデザインと名前のロボットが3体出現する。「版権はどうなっているんだ! くそ!」と叫ぶ両さんの気持ちがよくわかる。

 これ、状況がちょっとややこしいので整理すると、このエピソードを商業誌(少年ジャンプ)に掲載する都合上、実在のキャラクターとはちょっと違ったデザインや名前にしているけれど、この漫画の世界の中では、『鉄県2』も『バーチャー』も、そのあと登場するキャラクター群も、すべて実在するものということになっている。だから、それらが版権の壁を乗り越えて共演しているのは驚くべきことなのだ。

99巻/P79/3コマ目
99巻/P79/3コマ目

 左近寺の「ある意味では贅沢なソフトの気がする…」というセリフは、まったくその通りだ。そして、そう考えると『大乱闘スマッシュブラザーズ』って、すごいゲームだなあと、いまさらながら感心させられる。

■シーン5

 立ちはだかる敵をすべて倒した左近寺。さすがは格闘王だ。ついにカタ屋の家に入れるようになった。玄関から内部へ足を踏み入れてみると、なんだか見覚えのある画面が表示される。そこに現れたのは……。

99巻/P80/4コマ目
99巻/P80/4コマ目

『どきメモ』の沙織ちゃんである。RPG風の展開から格闘ゲームになり、その次は恋愛シミュレーションへとモードが変わっていく。努力の方向性がかなり間違っているような気もするが、かなりすごい作り込みであることはたしかだ。

 憧れの沙織ちゃんに「校庭の木の下で待ってるわ」なんて言われて卒倒しそうになる左近寺だが、そんなことをしているヒマはない。ふたたび町を探索していくと、有名RPGで見たようなキャラクターが歩いていたりする。ならばRPGらしく乗り物に乗って別の土地を目指そう。

99巻/P81/3コマ目
99巻/P81/3コマ目

 まるで『トラクエ(ドラクエ)』に出てきそうな船で島を目指す。すると、着いた港にいきなりカタ屋のおやじが立っている。あっけなく捕まえられるのか……と思いきや、カタ屋はトロッコに乗って逃げ出す。これもどこかのゲームで見たような構図。

 トロッココースの途中には叩くとコインが出るブロックが配置されていたり、なんでも吸い込むキャラクター(によく似たやつ)が破壊光線を吐いてきたり、お城の奥にはとらわれのお姫様がいたりと、もう見境なしの有様だ。

99巻/P82/5コマ目
99巻/P82/5コマ目

 このコマ、ゲームにつっこみを入れているという大好きな場面だ。

■シーン6

 いよいよ追い詰められたカタ屋は、飛行機に飛び乗って逃げる。そう、こんどはシューティングゲームの始まりだ。

99巻/P83/1コマ目
99巻/P83/1コマ目

 空中バトルなら大得意! と張り切る両さんだったが、1対8では勝ち目がなく、あえなく撃墜されてしまってゲームオーバー。画面上にはバグが文字通り虫の姿となって出現し、版権キャラのデータを食べ始める。なんとこのソフト、ゲームオーバーになると同時にプログラムが自らデータを破壊して、証拠隠滅をはかる仕掛けになっていたのだった。

 それにしても、この『The カタ屋』を作ったゲームメーカーは、いったい何がやりたかったのだろうか……。

第17回へ続く

こちゲー 〜こち亀とゲーム〜

トップへ戻る