Menu
作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

47

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の四十七:捻くれ和尚

.Bloom BL川柳コラム

  これまでに好色な和尚たちの句を多く紹介してきました。陰間遊びにふける和尚、寺小姓を弄ぶ和尚……自分の欲望に忠実なのは、ある種あっぱれとも言えます(相手は嫌がっていたかもしれませんが)。
  でも、そんな和尚たちの中にも、素直になれない人々がいます。そんな捻くれた和尚たちの句をご紹介。

究窟( きゅうくつ ) な事が和尚は嫌いなり

  一見「堅苦しいことが嫌いな和尚」とも読める句です。しかし、古川柳では二重の意味を持たせていることを忘れてはいけません。究窟な事とは、ずばり肛門への挿入のことです。女陰に比べて締まりがいいですからね。それを「嫌い」と言うなら、男子相手は止めればいいのに「男はこれだから嫌いだよ」と言って、せっせと男色に励む姿が浮かんできます。

芳町は損だと和尚気がそれる

  こちらは芳町にやって来た和尚の句。せっかく色街にやってきたのだから、大いに楽しめばいいのに、実際に床入りしてしまうと、普段無料で寺小姓を相手にしていることを思い出し、何故金を払わないといけないんだ?と思ったのでしょう。損得を考えたら、気分が萎えるのは当然のこと。でも、ちゃっかり最後まで陰間を味わい尽くしたであろうと思われます。

うらおもてこのて( かしわ ) の坊主客

  「このて柏」とは、葉の裏表がない柏の種類のことです。「裏」とは男色、「表」とは女色のことを指します。つまり、この和尚(坊主客)は、男も女も好き、という両刀使いなんですね。まあ、それは珍しいことではありませんが、いちいち「うらおもて」と言われているところを見ると、陰間を抱けば「女郎の方が情緒がある」と言い、女郎を抱けば「陰間の方が色っぽい」と言い、やることと言うことに「うらおもて」があったと推測されます。何故、そんな比較をしなければならないんでしょうかね。

  どストレートに欲望むき出しなのも困りものですが、ネチネチ捻くれられるのもお相手するのは大変そうです。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る