Menu
作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

44

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の四十四:裏門の事

.Bloom BL川柳コラム

  今回は「裏門」についてです。この「裏門」がお屋敷などの裏の通用口の意味だけではないことは、すでにお分かりいただけているかと思いますが、念のため説明しておくと、「裏門」とは「菊門」ともいい、ずばり「肛門( アナル ) 」のことです。

うら門へ出やれと尻をおして出る

  一見男同士のタイマン勝負を挑まれているようですね。「放課後、校舎の裏に来い」みたいな。「出やれ」という言葉遣いも荒っぽいです。しかし、懇切丁寧に「尻をおして」と続くのですから、句の意味は一目瞭然。人目のつかないところに行って、ムフフな行為をしようとしているというわけです。素直に甘い言葉で誘えず、乱暴な言葉で口説いたその後は、きっと交接も激しいものだったに違いありません。

裏門は情が薄いとげんが云ひ

  「げん」とは「げんさま」の略で、お坊さんのことを指します。色街で使われていた通称のようですね。
  この句の「裏門」は肛門そのものというより、陰間のことをいっていると見ていいでしょう。裏門があるということは表門もあるということで、表門は「女陰」すなわち女郎のことです。このお坊さんは男女問わず遊び歩いているものと思われますが、交接の後などは陰間の方はクールだったのでしょうか。でも、商売で相手をしているのですから、そうそう情を濃く持つことは難しいことかと思います。

陰間のとむらい裏門へかつぎ込み

  陰間の末路です。どれだけお客たちにもてはやされても、最期はひっそりと(本来の意味の)裏門から、お寺に担ぎ込まれることしか出来なかった模様です。けれど、そこを敢えて「裏門」というキーワードを使って句を作ってしまうのが古川柳の意地悪な目線なんですね。
  幼い時から性技を仕込まれ、歳を経ては男女ともに交接の相手を務め、その挙句がこのような弔われ方というのは、ちょっと切ないです。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る