Menu
作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

38

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の三十八:逃げる御用聞き

.Bloom BL川柳コラム

  さて、ここしばらく「御用聞き少年」の受難の句を続けて紹介してきました。しかし、御用聞き少年もいつもやられて泣き寝入りするばかりではありません。今回は、御用聞き少年たちの抵抗する様を見ていきましょう。

壱人ものある日御用を叫ばせる

  男やもめの家に御用廻りに行った御用聞き少年。例によって、その男に尻を狙われて押し倒されそうになります。だけど、この御用聞き少年は黙って言いなりになどなりません。天も裂けよとばかりに大声を上げました。場所は長屋ですかね。ご近所の人々が行き来するところで騒がれては、さすがに襲った男もバツが悪かったことでしょう。

かみさんを持ちなと御用逃げてくる

  「交接( セックス ) をしたいなら嫁さんをもらうんだね!」と、これは活きの良い啖呵です。オマエの性欲処理の相手になんかならないぜ、という心根の強さが感じられます。御用聞き少年に恋い焦がれてのあまり…というならいざ知らず、穴ならなんでもいいという男の考え方が許せませんね。
  まあ、年頃の男が性欲を持て余すのは自然の( ことわり ) もあります。肌を合わせる相手がいない場合は、自分の手を使う「( せん ) ( ) り」が一般的でしたが、江戸時代の自慰道具( オナホール ) 吾妻形( あずまがた ) 」というものがありました。女陰に似せた道具に綿などを詰め、その割れ目に男根を挿入して使うものです。いずれにしても、自分で処理しなさい、ということですね。

樽を捨て尻を捲って御用逃げ

  おっと、これは危ういところまで迫られたようです。「尻を捲る」は“それまでの態度を急に変えて強気に出る”という意味がありますが、この句では文字通り物理的に「尻を捲られて」いることにもかかっています。古川柳は、こういう言葉遊びが好きなんです。
  この御用聞き少年は、自分の仕事である樽の回収も投げうって、ひたすら逃げました。自分の身が危うい時に、仕事だなんて言ってられませんよね。
  自分の身に危険が迫ったら一目散に逃げる。それが、一番の手立てなのです。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る