Menu 作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

25

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の二十五:へのこ事情

.Bloom BL川柳コラム

  男根(ペニス)にまつわる古川柳は以前にもご紹介しましたが(其の四:男性器考参照)、男子のアイデンティティとなる部位に関する古川柳はまだまだあります。今回も男根(「へのこ」とも言います)についての句を見ていきましょう。

へのこは如何(いか)にも黒きのを(とうと)

  黒い男根が尊ばれたようですね。固さや長さについては以前紹介しましたが、色にも位があって、「最上が黒、次点が赤、最低が白」とされていたようです。
  一般に黒い男根は「交接(セックス)のやりすぎ」「自慰(オナニー)ばかりしている」と言われていますが、実際は男性ホルモンのアンドロゲンが皮膚のメラニン細胞と反応を起こして黒ずませているので、交接技術や回数とは何も関係ありません。とはいえ、黒々とした男根はいかにも強そうで最上位の称号をもらったのでしょう。

待ちかねてへのこ(よだれ)をたらすなり

  これは俗にいう「我慢汁」のことですね。我慢汁は、尿道球腺という箇所で作られる体液で、精巣で作られる精液とは別物です。役割としては、液体の性質によって挿入をスムーズにする、尿道に先に通しておくことで精子が通りやすくするなどがあります。しかし、交接の間にそんな機能を意識する人はいませんよね。早く挿入したくて、涎を垂らしているように見える、というのがこの句の見立てです。

悲しさは昔は帯へはさんだり

  若くて元気な頃はピンっと天井を向かんばかりだった男根で、帯に挟むことも出来たのに、今では……という哀愁の句です。受けにとっては「愛する人の男根」かそれ以外かの区別しかないかと思われますが、攻めにとっては豪快に勃起した男根を誇示したいものなのかもしれません。

緩いのをするのが和尚落度なり

  和尚は大抵「老僧」とされてますので、彼の男根は弱々しいものだったと想像出来ます(ぶらぶらしているため「提灯」と表現されることもあります)。そんな和尚にあてがわれたのは、菊門(アナル)の緩い陰間だった模様です。キュッと締まった菊門では和尚の男根ではかなわないと思われたのでしょう。和尚さんの責任(落ち度)ではないのですが……これまた切ない現実の一句です。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る