Menu
作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

11

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の十一:芳町事情其の弐

.Bloom BL川柳コラム

  男娼の街・芳町ですが、色町として男女問わずに平等に性を提供していました。そのおおらかさが見えるようなのが次の句です。

けつござれへのこござれと売ってやり

  「お尻がご所望で? よい尻の子がいますよ」「立派な男根(へのこ)がご希望ですか。どうぞこちらへ」なんて客引きが言っているのが見えるようですね。
  さて、そんな様々な客の中でも、多くの句が残されているのが男色目当てのお坊さんです。前回に引き続き、お坊さんたちの古川柳を見ていきましょう。

よし町の時計も客にそうおふし

  「そうおふ」とは「相応」と書いて、ふさわしいという意味です。何故、芳町の時計がお坊さんにふさわしいのでしょうか? それは、時間を計るのに「線香」を用いていたからです。現在のような精密な時計やタイマーなどがない時代ですので、線香の減り具合で時間を計っていたのです。

線香のどらとはさすが和尚なり

  お坊さんと線香は切っても切れない関係にあります。道楽(どら)をするのにも線香がついて回るとはさすがだ、と皮肉った句です。
  この線香、一本を「一切り」と呼んで、約60分程度だったと言われています。陰間遊びは四切りが基本でしたので、愉悦に浸る時間は4時間程度ということですね。陰間遊びはただ交接(セックス)するだけでなく、飲食も伴うものでしたので、顔合わせから飲み食いをして、いざ一戦…となると4時間なんてあっという間だったでしょう。
  線香代は一切り二万五千円程度でしたので、一回につき約十万円かかることになります。案外、高い遊びだったんですね。

よし町は匂ひが止むと迎ひが来

  楽しい時間は矢のごとく過ぎていきます。この句の「匂い」とは、線香の匂いのことですね。燃え尽きてしまえば、夢のような時間も終わりです。茶屋の人間が「お迎いでございます」と時間を知らせるのがルールでした。お坊さんは名残惜し気に僧衣を身にまとったに違いありません。
  ところで時間を計る線香ですが、時間を短縮させるために、こっそりと下を折るという悪さをする陰間もいたということです。気を抜いてはいけませんね。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る