Menu 作家の情熱がいま、開花する。「ものがたり」を愛するあなたのための、完全新作・オール読み切りBLアンソロジー
  • Twitter
  • Hatena
  • Google+
  • Facebook

.Bloom Column

.Bloom BL川柳コラム

01

古川柳男色事情走書    南 ツカサ

其の壱:BL古川柳の事

.Bloom BL川柳コラム

  本誌連載「雪と松」(高橋秀武)はもうお読みになりましたか? 時代物BLっていいですよね。雪の艶っぽさ、松庵先生の無骨な可愛さ、たまりません!
  で、江戸時代の男色(ボーイズ・ラブ)ってどんなものだったのかを古川柳で探っていこうじゃないか、というのが本コラムの主眼です。「古川柳」とは、江戸時代に作られた川柳のこと。「これ小判たった一晩いてくれろ」とか「役人の子はにぎにぎをよく覚え」といった句を、古典の教科書で習いませんでしたか?
「古典って苦手だったし……川柳ってのもなんか難しそう」と思ったアナタ! 大丈夫です。川柳というのは、庶民の文芸。お上品な俳句や和歌とは趣きが異なり、なんでもアリの自由な表現方法なんです。だから、BL古川柳も残されている!
  論より証拠、どんな句があったのか見ていきましょう。

けつはさっせいと弘法大師(こうぼうたいし)言い

  いきなり「けつ」です。お下品、失敬。でもそういう句なので仕方ないですね。意味は「けつはさせなさいと弘法大師は言った」というもの。僧侶の世界では、女色は禁じられているけど、男色はOKってなわけです。
  弘法大師は「空海」の名前の方が知られてますかね。平安時代、唐(中国)に渡って密教を学び、日本に導入した偉いお坊さんです。江戸時代では、この弘法大師が密教とともに男色も持ちかえった、というのが俗説になっています。
  といっても、男色自体は神代の昔からあったと、江戸時代のBL小説『男色大鑑』(井原西鶴)には書かれているんですけどね。

美女は城美男は寺を傾ける

  男色を嗜んだのは武士・一般庶民も同じですが、やはり一番多いのは僧侶だったようです。遊女のことを「傾城(けいせい)」(城を滅ぼすほどの美女)と呼びますが、僧侶は美しい陰間(男娼)に惚れてお寺の財産を注ぎ込んでいた模様です。

男女の道を知っている美少年

  美少年は男にも女にも惚れられて交わりを知る、ということですね。当時、色の道は男女両方に通じていることが「粋」とされていました。江戸時代では少年は基本的に受けだったので、この「美少年」の男性体験は受けだったと推測されます。
  さてさて、BL古川柳、いかがだったでしょうか? 次回はもう少し具体的な男色事情を探っていきます。

コラム「古川柳男色事情走書」著者プロフィール
南 ツカサ(みなみ・つかさ)  Twitter

古川柳愛好家。川柳雑誌「現代川柳」所属。

Column Backnumber

もっと見る